メル友やメールフレンド募集の掲示板です。

メル友を見つけるなら『まだこれから』
ホーム初めての方へ説明会員一覧女性の方へ会員登録会員入口メルマガ
公安委員会に届出済 RSS Yahoo!ブックマークに登録
メル活!このサイトでメル友を作ろう!
30代、40代、50代、60代、70代・・・
いくつになっても気持ちは若い時と同じ
これからもいろいろなことに興味を持ち
今まで知らなかった世界の話をしましょう
さぁ、あなたも新しいメル友を作りませんか?
異性のメル友同性のメル友も見つかります
既婚者の方は登録の前に既婚者の方へをお読みください
→ 会員登録
30代以上限定メル友サイト
まだこれから
28歳から登録できます
最近のメッセージ
 

インターネットで新しい人とメル友になる

「出会い」 という言葉

昨今、「出会い系サイト」 という言葉に象徴されるように 「出会い」 という言葉があまりよくないイメージで報道されることがあります。*1
しかし、「出会い」 は 「人との出会い」 「音楽との出会い」 「絵画との出会い」 というように、本来もっと広い意味で使われるべき言葉です。
ここでは 「メル友との出会い」 について考えてみます。

インターネットでメル友に出会うということ

インターネットがなかったらありえなかった出会いというものがあります。それにより幸せになった人が多く存在します。
顔が見えないから恐い、匿名性が高いから相手が信用できない、とよく言われますし、メディアでもインターネットの絡んだ犯罪がことさら強調されて報道されます。
しかし、インターネットで幸せをつかんだ人、インターネットで人生が良い方へ変わった人たちがたくさんいることは取り立てて報道はされません。
日常の生活の自分の周りを見てみましょう。日々、どれだけ新しい出会いがあるでしょうか。
人間はすべて平等と言いながら、実際には平等でないことがたくさんあります。出会いのチャンスに関してもそうです。
毎日多くの人と関わりながら生活をしていて、出会いにはまったく不自由しない人がいるかと思えば、一方では、毎日変わり映えのしない生活を送っていて、新しい人と知り合う機会がほとんどない人もいます。
しかし、どこにいても回線さえつながれば利用できるインターネットは、それらいずれの人たちにも平等に出会いのチャンスを提供してくれる道具となります。

メル友募集掲示板としての 「まだこれから」

「まだこれから」 はインターネットを使い、普段出会いのある人にも、そうでない人にも同じように出会いのチャンスを提供できる場でありたいと考えています。
今まで知らなかった人に出会うこと、今まで知らなかった世界に触れることを大切にし、すべての人に同じように出会いのチャンスが訪れるように努力しています。
ただし、「まだこれから」 はマスコミ等で取り上げられることの多い、イメージのよくない、いわゆる 「出会い系サイト」 ではありません。
「まだこれから」 は、メル友を見つけるための 「メル友サイト」 です。
メル友ができれば、メル友から教えてもらった話題のDVDを借りてきて楽しんだり、同じ趣味の人を見つけて情報交換したり、パソコンの使い方に関して新しい知識を得たりすることができます。
独身の方は、メル友から恋愛に発展して、結婚に結びつくこともあります。
「まだこれから」 で、普段の生活では知り合うことができないような人とメル友になって、人と出会うことの楽しさを体験してください。

メル友に年齢は関係ありません

年齢に遅すぎることはありません。30代、40代、50代、60代、それぞれの年代に相応しいメル友がいます。
中年、中高年、熟年、シニア、いろいろな呼び名がありますが、その年代にはその年代のメル友との出会いがあります。
30代からでも、40代からでも、50代からでも、60代からでも、メル友を見つけようと思った今、この時が大事です。「まだこれから」 は 「今」 から始めるメル友探しを応援します。

「まだこれから」 のご利用は有料です

「まだこれから」 では女性のメッセージ会員を除いて有料制となっています。
無料を謳った出会いサイトも数多くありますが、 「まだこれから」 は有料で運営させていただいています。それは無料でサイトを運営していくことは実際にはできないからです。
サイトを運営していくためには費用が発生します。そのため、「まだこれから」 では必要最小限の負担を会員のみなさまにお願いしています。
有料でのサイト運営にご理解いただき、ご利用料金の負担にご協力をお願いいたします。
有料で運営しているからこそ、メル友募集掲示板としての 「まだこれから」 はあなたとあなたのメル友になる人のための良質な出会いを提供できます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。さて、お待たせいたしました。 では、「まだこれから」 の扉を開けてください。 ⇒ 会員登録

*1
悪いイメージを伴った「出会い」という言葉が浸透しているため、「まだこれから」 では誤解を招かないように 「出会い」 を求めるメッセージの掲載をお断りしています。
 

男女共同参画社会を目指して

女性も男性も、性別にかかわらず、自由にいろいろな人と知り合い、メールを通して趣味の話をしたり、知識を高めあったり、励ましあったり、慰めあったり、悩みがあれば相談し合える、そんなサイトを 「まだこれから」 は目指しています。
すべての人は生まれながらにして平等で、性別によって不利益を被るようなことがあってはなりません。女性も男性も性別にとらわれずに社会を構成する対等な「人」として、家庭、職場、地域、子育て、教育などさまざまな分野に参加して、お互いに協力し合って住みよい社会を作っていかなくてはなりません。そのような趣旨の「男女共同参画社会基本法」が1999年に施行されました。
しかし、このような法律が施行されているのにもかかわらず、日本における「男女共同参画社会の実現」はまったく進んでいません。国連開発計画(UNDP)によれば、女性の政治や経済活動への参画状況を示す「ジェンダー・エンパワーメント指数」は108カ国中58位だということです(2008年)。「先進国」としては少し恥ずかしい状況かもしれません。
日本では古くは「男尊女卑」、現在も「男は仕事、女は家庭」という考え方が根強くあり、男性が家庭をあまりかえりみない反面、女性自身も自ら生活を支える基盤となる職業を持とうとせず、生活を男性に頼ろうとする意識がなかなかなくなりません。
これは、民法などの法律を始め、日本の社会のしくみ自体が「男女共同参画社会」向きになっていない、ということが要因のひとつになっているのですが、それらを変えていくためには、まず当事者である私たち一人ひとりが自分自身の意識を変えていく努力をしなければなりません。
そして、女性が男性を頼らずに生きていける世の中になって初めて女性も男性と同じようにものが言える社会になります。そのような社会になれば、女性も男性も性別にかかわらず、異性としてではなく一人の人間として友人としてメル友としてお付き合いすることができるようになります。
そのように、男性女性、既婚未婚にかかわらず、一人の「人間」としてメールを通していろいろな人とお話ができ、自分自身の世界を広げられるようになることが「まだこれから」の理想とするところです。
「まだこれから」は現在、女性は無料で利用できるシステムになっています(メッセージ会員の場合)。「女性だけ無料で利用できる」のは男女逆差別ではないかとお叱りを受けることがあります。しかし、女性の社会進出が進み、労働力人口の4割が女性となった今でも、家事や育児など家庭の仕事は女性がするものだという社会的意識が強くて、パートタイマーなどの正規雇用以外の仕事につかざるをえない女性が多く、また、仮に夫婦そろって正社員として外で働いていたとしても「家に帰れば家事は女性」だったりするなど、男女共同参画には程遠い状態です。
育児休業制度の利用が女性の高い割合に対して、男性が数%、調査によっては1%未満であるという事実をみてもそれがよくわかります(2009年)。
このような、女性に負担が重い社会が続いている限り、女性を応援する意味で「まだこれから」は「女性だけ無料で利用できる」システムを続けていきます。
いつの日か、男女ともに同じ条件、同じ料金でご利用いただけるような状況に社会が変わっていくことを期待して・・・
 
既婚者の方へ
「まだこれから」 は性別や、職業、結婚歴、年齢等にとらわれずに、それぞれがひとりの 「人」 としていろいろな人と知り合い、遠く離れた街のことを聞いたり、身近な人には話せないような悩みの相談に乗ってもらったり、同じ趣味の人を見つけて共通の話題で盛り上がったりして、日常生活の中だけでは知らずに過ぎて行ってしまうかもしれない、人と人との世界の広がりを見つけてもらいたいと考えています。
そのため、「まだこれから」 では、既婚者の方が異性のメル友を作ることを 「いけないこと」 だとは考えていません。
男女共同参画社会では、女性も男性もそれぞれが社会を構成する大切な 「人」 です。異性としてではなく、社会を構成する「人」と「人」として、いろいろな人と知り合い、言葉を交わすことはすばらしいことです。既婚者だからといって遠慮することなく、あなたに合ったよいメル友をたくさん見つけ、あなたご自身の世界を大きく広げてください。
ただし、「まだこれから」 は「不倫」や「浮気」を容認しているわけではありません。
  • 本来家庭内に求めるべき「やすらぎ」や「癒し」を家庭外の異性に求めようとすること
  • 単身赴任等の理由で別居生活している寂しさを家庭外の異性で紛らわそうとすること
  • 家庭外の異性と性的な話題で楽しもうとすること
  • メル友の関係に飽き足らず、家庭外の異性と実際に会おうとすること
  • その他、家庭外の異性と、家族や配偶者をないがしろにするような行為をしようとすること
以上のような目的で既婚者の方が 「まだこれから」 を利用することはお断りいたします。
時折、「離婚調停中でまもなく離婚が成立するからいいではないか」 というご意見をいただくことがあります。仮に夫婦仲がうまくいっていなくて、実質的に離婚状態にあったとしても、正式に離婚が成立するまでは 「既婚者」 ですので、「まだこれから」 ではそのような方にも上に挙げたような行為はお断りしています。
また、「異性としてではなく、人と人とのつながりであるならば、友達として実際に会うこともいいのではないか」 というご意見もあります。確かにそのとおりで、「人と人としていろいろな人と知り合い、世界を広げてください」と言っておきながら 「会うのは禁止」 というのは矛盾しているかもしれません。しかしながら、ここは顔の見えないネットの世界、1対1のお付き合いのメル友が実際に会った時にどのような関係に発展するのかということまで把握することはできません。そのため、「まだこれから」 の中での既婚者の方のお付き合いは 「メル友」 に限定させていただいています。
既婚者の方には以上のことをご理解、ご納得の上、「まだこれから」 をご利用くださいますようお願いいたします。
 
since Sep. 1996   renewed Dec.06, 2009
Copyright (c) 1996-2017 (株)ピーソフ over30事務局 All Rights Reserved.